×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



清水寺より愛を込めて

花見に関して。

俺は静かに飲みながら、その風情をじっくり楽しみたい派ですね。
視線で花を愛でながら 「野暮なことを言うなよ....辛口一献」
って無意味に中尾節を炸裂させたい派ですね。
野暮なこと言ってる奴なんて誰もいないのにね....

騒ぎたいのなら、普段、普通の飲み屋で好きなだけパンツ下ろしとけよ派ですね。
胸を揉むのだって尻をなでるのだって、美しい花の前ではしたくない。
静かに、言葉もなく (例外として「辛口一献」だけは言わせて頂きます、ご了承ください)
川の流れのようにさらさらと時がすぎてゆく
みたいな大人の花見を求めてきた俺だ。
だから今日聞いた、参加者は一発芸をひとりづつ披露ってのは、
俺みたいな真の花見boy (23) をただただブルーにするのでした。


myレパートリー
・似てないモノマネ (主に最近はマッチ)
・腹芸 (焼酎の力を借りて意識が飛んだときのみ10%の確率で発動)


どうする?アイフル?
俺よ、持ち球が圧倒的に貧弱だぞ。
ていうか、どうやって生きてきたらこのレパートリーが残るんだ。
いやいや、ちょっと待て、やる気か俺!?
拒否ればええやんか。
そうさ、人付き合いなんて孤高の戦士には必要ないのさ。

しかし俺もふんどしが似合う男なのだ、そんな事は言ってられない。
ひたすら酒を飲んでから

「それじゃ大塚愛のさくらんぼ、いきます。ああああ、愛して...」 (目はうつろ)

とスタートしつつ、いきなり平泳ぎ (腕の動きのみ) を連打したりして、
出番をうやむやにするか。
ていうかそれなら普通に何か歌った方がまだマシだ....
あー、もう、オイラはどうすればいいんだよう!

またマッチのギンギラギンか。(眼光に鋭さが増す花見boy)

-----

「僕はコロ助なり....」

武田さんのコロ助のモノマネが空しく響き、
さっきまでわいわいがやがや、
そんな花見の雰囲気は一瞬にして最悪になった。
清水寺の桜もそれを機にガンガン散っていかんぐらいのムード。
これ行ったの先週だから、今ごろはもう桜の木、禿げあがってるね。
それぐらい酷かった。
まぁ宴会なんてできなかったし。シラフだし。ボーっと桜みてるだけだし。
みんなのアイドル村内さんも当然のように苦笑いさ。


「なんも用意してねぇよぉ〜」
と往生際悪くわめき散らす武田さんに、
「んじゃコロ助のモノマネやってくださいよ」と助言をしたのは誰だ?
こんな取り返しのつかないムードを引き起こす事ぐらい容易に想像できたでしょうが!
誰だ!真犯人はいったい誰なんだ!


俺だ。(すぐ横にいたから....)
なんだ俺か。ならば仕方がない。
この極悪ムード責任もって俺がなんとかしましょう。


「えーと、10年ぶりにやります。僕の両目に注目してください。」

......





ていうかな。
今時ナンセンスなんだよ、花見で一発芸やれなんて。
羞恥心っていう可愛らしいもんは、俺みたいな奴にだってあるぜ。
ここでやるとか書いてたマッチのモノマネはな。奥の手なんだよ。
女にとっての勝負パンツみたいなもんが、俺にとってはマッチのモノマネなんだよ。
こんなとこで、しかもノーギャラで戦死するわけにはいかねぇんだ。
簡単に見せれっかよ俺の勝負パンツ。





そして俺は、真顔で両目のマブタを裏返した。

-----

このクソ忙しい時に自転車パクられてやがんの。
3ヶ月前にパクられて中古を買ったばかりだぞ。

朝起きてふと財布を見たら、ケッタマシーンの鍵が入ってなかったっつーの。
もしや鍵をつけっ放しのまま俺は、と慌てて一階に見に行ったんだ。
そしたら案の定、そこにはキャッツアイが犯行現場に残しておくような
『自転車いただきマンモス』という文面のカードと共に 、
代わりと言ってはなんですがとご丁寧にウンコが!(カードはありませんでした)

ノリピーの?
なわけもなく犬の糞。拾ってけよ馬鹿飼い主。

まぁでも前回パクられたときは、さすがに普段は仏で通ってる俺も、
エレベーターのボタンを神経質に連打したりして暴れたもんだけど、
今回は何故か 「ふ〜ん」 って感じ。
すぐ家に帰って朝食にセロリ (恐ろしいまでにB級品) をかじり、
セロリかじるなんてキリギリスみたいだな、ってな具合に意外と冷静だったんだ。

-----

「お前カルパッチョって言いたいだけちゃうんか」

そんな感じで、サーモンカルパッチョを頼んだ奴に一発ガツンとやってきた、
現代の必殺仕事人、こと、俺です。

そして間髪いれず、とどめをさすかのように高らかに宣言。
「この系統はパチョレック (元大洋ホエールズ) しか認めんッ」
そのあまりの身勝手さに黙り込む場内。
こら!
パチョ繋がりかしら、パチョ繋がりかしら、とヒソヒソ話すのは止めなさい。
え、パチョレックって誰?
的なツラをした君、夢の中でお前のパンチラ想像してやるからな!
などと凄んどいて場を治め、独りニヤけてた。

そしたら予想外のアクシデント発生。
なんと 「じゃあパンチョ伊藤は?」
と鋭い、且つ予想の範疇に全くなかった意見が俺に向けて放たれたのだ。
緊張する迷える子羊。ピーンと張り詰めた空気。
7つの視線が今か今かと俺のセクシーな口元に注がれ、何か発するのをじっと待つ。

「.....それは可ッ!」 (ざわつく場内)




そこで記憶は途切れてる。
久々の二日酔いで頭ガンガンするっつーの。

-----

時刻はすでに終電間際。
バイブレーションで着信を感じたが無視。
人の流れに逆らって便所に向かい用を足す。
鏡をみたら鼻毛がちょっぴり出てたので思わず指でねじ込んだ。

切符売り場の自販へ向かう。
ピピピ.....ロックオン。
もしかしたらつり銭入れのとこにあるのは100円玉?
テンキューどこかの酔っ払い。
でもどうせなら1枚と言わず100枚くらい置いてけよ。
まあとりあえずいただこう。
切符を手にとりホームで木偶の坊の如くボケッと突っ立って電車を待つ。

恐ろしく冷たい風がしばらくふき、そして去っていきました。
「明日も頑張れよ」 そんな叱咤激励を受けました。

-----

ちょっと裏路地に入りしばらく歩くと右手に保育園。
そのまん前、モロまん前には連れ込み宿 (ホテルって名乗ってるけど)
があるんだけど、これは早いうちから風俗を学ぼうっていう園長の教育方針か。
園を出るとまず目に付くのは、2時間2800円と書かれた立て看板。
それに関して園児が無邪気に投げかけるであろうアレな質問に、
保母さん、ママさんが見せる困った顔を想像し心を和ませるme。

それにしても客商売にしては、ぱっと見、常軌を逸した汚さ (外壁に汚物を塗りたくったかのような) なのだが、客の入りはどうなんだろう? ハエ only?

そんな事考えながら歩いてたらそのうち公園&ゲートボール場に出る。
公園では幼稚園児ぐらいの二人のガキが、
喧嘩してるのかなんなのかよくわからないがマウント取り合って、
上に乗っかってる方が顔面に砂を落としてヘラヘラ笑ってた。
そして落とされてる方も何故かニヤニヤ笑ってた。

おい何気にこの町怖いぞ。

-----

映画 「ネクロマンティック1&2」 のケースに札が貼ってあって
札を読むとなんでもこの作品、店員のオススメらしい。
しかも新作コーナーのすぐ横に置いてありかなり目立つ。
3年ぐらい前にファッキンな先輩に誘われこの映画見たが、全編グロと死姦。
まぁなんにせよわかってやってるので、このレンタル店は完全にギルティだな。
もし俺が、あるある会員であったならば、だ。
この有害ビデオレンタル店から皆さんを守るために即刻
区民だよりに怒りの投書の一つでもしてますよ。
上のコマから、ち・ん・ぽ・こ、とだけ書かれた不条理な4コマ投書。
あるある会員じゃないからやらないけどな。


♪あの鐘ほぉ〜 鳴らすのは〜 あな〜たはぁ〜 


しかしアッコはこう歌ってる。
つまり今この町に警鐘を鳴らせるヒーローは俺しかいないと!
でも、うーん。
正直ンな事どうでもいいや。(あるある会員って言いたかっただけなの....)

-----

部屋が綺麗に片付くと、それだけで爽快な気分になれますなぁ。
そんな部屋でゴロゴロ (寝転んで般若の形相をし、部屋の隅から隅まで回転移動)
してるだけで、心が洗われるというか。

でんぐりがえしだってできちゃうぞ!
部屋中に散らかっていたものが片付いてスペース80%増だしな。
CD、雑誌、教科書、ノート、パンツ、藁人形、五寸釘、あのコが吹いたリコーダー、
は全てダンボールにぶち込まれベッドの下へ!
ていうかぶち込んだだけで片付けた気になるのは季節のせいか。
馬鹿のせいか。


でも1時間もゴロゴロ (般若) してればそのうち、あれ、なんだろ....
疲れた。だって調子に乗って30往復ぐらいしてたから。
でハッと我に返れば次に、なんだかどうも落ち着かない。
そして寂しい。気が付けば心に吹くのは隙間風。
部屋は片付いたが、その代償として、あるべきところにあるはずの君達を失った。
アタシ サミシイ。
ナンダカ ムショウニ.....アグネスチャン...

とりあえずダンボール取り出して雑誌数冊を部屋にばら撒いた。
コタツに入ってる姿勢でそのまま背を倒すと
背中に雑誌が当たって感じるいつもの違和感。
これよこれ。
これこそが今まで慣れ親しんできた日常なのよぉ〜! (ハツラツとした笑顔で)

-----

「愛してる〜ッて最近ッ〜、言わ〜なっ....く〜ッ」

裏声で一曲歌い上げながらシャワー浴びてたら、
ドンドンドンとユニットバスの扉叩くモノあり。

かまいたちの仕業かしら...
ってどう見てもガラス越しにぼんやり人の影と思われるモノが映ってる。
なんだ北京原人か...
そんなつまらないボケすらも許されない、
サイコのシャワーシーンを彷彿とさせるこの衝撃の展開。
一人暮らしの俺のとこにどんな来訪者?強盗?
あ、かすかに俺の名前呼んでるの聞こえる...
とりあえず扉をギギギと恐る恐る開けた。(フルチンで)

「鍋しようぜ!」
スーパーの袋を持った妙に家庭的な海坊主がそこには立っていた。
フルチンmeets 海坊主。

「キャー!」
バタム。(←扉閉まる音)




というわけで突然の来訪者は知り合いだった。
セクシー 〜三段腹の一歩手前〜 な裸体をバスタオルで隠し、
30回ぐらい 「お前いい加減死ねよ。もしくは海に帰れ。」と罵倒した後、
渡部篤郎が演じた『ケイゾク』真山の物真似をする事で、
段々落ち着きを取り戻す俺。しかし海坊主。
「電話しても出ないし、インターホン鳴らしても出ないし、
んで、お前の家の鍵が開いてたから。」
俺の完璧すぎる物真似に動揺したのか、ついにはそんなナメック語を喋る始末。

「お前の家の鍵が開いてたから無断で家に入りました」
んなナメック星での道理がここで通るかボケがッ!
こちとら風呂入っとんじゃ!
それともなにかお前。俺がゴスペラーズ歌ったらあかんのか。
愛してるって最近言わなく、なんてフレーズは三段腹が口ずさんだらあかんのか。
そもそも家の鍵が開いてたら勝手に入ってええんか。
ええんか?ええんか?ええんか?(by鶴光)


「まぁまぁ、これ飲んで鍋でもやろうぜ。」

渡された発泡酒 (ハニーブラウン) でなだめられる。
「今から鍋?それよりも帰れ。そして頼むから死んでくれ。」
と続けて罵倒する俺。
でもそんな事は意に介せずヅラで、
「もしもし藤田?ミチバんちで鍋するから!」と電話をし始める海坊主だったのでした。

-----

グッモーニンエブリワン。
今meは早朝から乾布摩擦に精を出したとこだけど、お前ら起きてるだろうな!
朝っぱらから鍋についてのメモを披露するぜ。
you達はその腐れ脳みそに、この事を叩きこんでから今日は出社するように!
ついでにオフィスラブとかやってる奴!全部同僚にバレてるから注意しろ!


・貝類でいいダシが取れて素晴らしい鍋になったとはいえ油断は禁物。
何故なら怪しい切り身の鮭を大量に入れた途端に
「山にこれ埋めてくるわ」 とつい口走っちゃうモノが出来上がるからだ。
なんかアク (というか宇宙からの物体X) みたいなのがブクブク出まくって、
手の出しようがなくなる。しかも悪臭で目がヤラレル。(二重が一重になる逆整形効果)
おかげで、さっきまで繊細な貝のダシをすする会だったのが、
一気に不細工ヅラがヘドロを囲む会へ様変わりだ!
不細工なのは関係ないだろ馬鹿野郎。

-----

このクソ寒い中、
気になるあのコはCカップかDカップかなどと考えながら蟹歩きしてたら
バタバタとはためくフラッグが突如アタイの視界を遮ったの。

「ピュア」

透き通るような薄ピンクの生地に白い文字でピュア。
そんなフラッグがアタイの顔面を覆って、
誰がピュアじゃボケ俺は常にオッパイの事考えとるわッ
と半ばやけくそ&自虐気味に、
やっぱりCカップかーッ!と奇声をあげながらそれをふり払うトゥナイ。

落ち着け俺。かりかりするな俺。鼻くそ食べるな俺。
こういう時こそ笑っていましょう、少しでも。
そうすりゃこんな苛立つ日だって幾分かはマシになった気がするから。

-----

道ばたに転がってる石を蹴って、
まぁ普通に転がればなんてことないんだけど、
たまに転がる石がイレギュラーする。
ゾクッとして背筋が凍るっつーのはまさにこの瞬間。
急にカクッって方向変わる場合あるでしょ。
石も道も凸凹してるんだから当然なんだけどね。
そのイレギュラーの瞬間にとてつもなく、
あぁッ!っていう物凄く強いショックを俺は一瞬感じるんだ。
イレギュラーし車道に出た石が対向車にブチあたって、
中から木刀もったアンちゃんが「なにすんじゃこらー」
っていうリアルな夢を見て以来そんな体になっちまった....
今では石を見ても、蹴らずに鼻の穴に詰めてしまいます。
(ちなみに今まで生きてて一番怖かった夢は、
ハロウィンのカボチャの化けモンに襲われるの巻。)

しかしその事を話してもみんな鼻で笑って、
最近お勧めのコスメ、最近お勧めのスルメ、山城新伍はチョメチョメ
について俺を無視してガヤガヤ語りだしたから、
今度はツルッツルの石は気持ち悪いって話で切り込んだんだ。
どうだい君達。これには流石に興味あるだろう?
でもあいつらときたら。

-----

前回の更新で少し触れております
ツルッツルの石は気持ち悪い
の件について説明します。



とここまで書いて冷静に日曜日のを読み直したら
>>最近お勧めのコスメ、最近お勧めのスルメ、山城新伍はチョメチョメ
というまさに恐るべし記述が!(投げやりな後ろ二つ)

こ、これはーッ.......なんなんだッ.....
まさか....
いや記憶にない....だが....俺しかいない....
今となってはツルッツルの石........どうでもいい......
ただ無意識とはいえ一連の流れるような軽快なライムを...
爽やかな風に乗せてあなたの胸に届けた日曜日の俺が.......かわいい....(終)

-----

どうも。
宗教色の強い前回の更新によって、各地で座禅を組んでひたすら瞑想に耽る方(おしなべてカマキリ面の方ばかり)続出という一報を伝書鳩のマルコメ君から受け、
ただいまこうして筆をとっておる次第であります。

で話も終わりなので、本日はミーが怖いと思うものベスト10を発表しようと思う。
三つ下にある石がイレギュラーするのが怖いとかいう寝ぼけた事を10位。

■怖いと思うもの■
10位 石がイレギュラーバウンド
9位 死
8位 死に直結する病気
7位 カップのとんこつラーメンを食べながら電車に乗り込む高校生
6位 一日中携帯ばかり見てる人
5位 閉所
4位 自慢げに関節を鳴らす人
3位 大量の栄養剤(錠剤)を摂取する人
2位 おみくじで凶を引くこと
1位 悪夢

-----

近所の中古車屋の片隅に、1個の銀色のチリトリが鎮座してるのに気づいて早2年。
俺が記憶してる限り、2年間こいつはその場からピクリとも動いていない。
人に使われてる形跡はない。

鎮座と書いたが、これは嘘でどことなくぶっきらぼうに投げつけてある感じ。
ある日、やきとり食ってたらタレがオキニの服にかかってしまいブチ切れた店主が
「お前自分でゴミの一つでも取ってみろやッ!」
ってチリトリにあたって投げつけた感じ。
加えて2年放置のサディスティックなプレイ。

そんな事があったかは知らないが、とにかくあのシュールなチリトリと
妙に綺麗にワックスがかけられた中古車とのコントラストは実に奇妙で不安定だ。
目にする度に頭がくらくらして、地面が揺らぎ、自己を見失い、
最終的にはマッチの物真似したい病が再発しそうになる。
いつかの飲み会でのギンギラギンで痛い目あってねこれがまた。

-----

10人中9人は同意してくれるものと信じて言いますけど、
ティースプーンは駄目だな。
カレー食う時とかの大きめのスプーンは、まぁ及第点。

で何が駄目なのかって、洗剤つけて洗ってるとき限定だけど、
このときティースプーンの形状はどうも手にしっくりこないから駄目。
つまり、スポンジと泡と、
俺の可愛い手とティースプーンが合わさっても何も生まれねぇんだな。
そこにはただ静寂のみ。
って、これは恐ろしいことだよ。想像してみて下さい。
深夜、23歳の男子、パンツ一丁、ハミチン、無精髭
が淡々と白目でティースプーンを洗ってるところを。(普通に洗えよ)

じゃぁお前、何を洗ってる時にハーモニー奏でられるって言うんだ馬鹿
って話だけど、それは言い切るけど、箸。
2本 (1組) これ最強ね。1本づつは駄目。
2本同時にスポンジでゴシゴシが大切。

ここであんまり言いたくないけど、せっかくなので、
伊藤家の食卓で間違いなくグランプリレベルのことを公開すると、
箸2本で指をはさみつつ洗うとなおgood。
指も一緒にスポンジでゴシゴシする感じ。これでより手にフィット感が増すんだ。
そして指をはさんだ途端、俺の可愛らしい口からほとばしる'60sムード歌謡。
こうして味気なかったハミチン野郎の台所に花が咲く....

ハーモニーでもなんでもなくてお前が歌ってるだけじゃねぇか。